模擬試験ッ!

いつもお世話になっております。

ぐろーえる 個別指導 の 阪急三国駅前 校です。

 

4月14日 土曜日に 新中3=受験生の模擬試験を行ないます。

今回は新中3のみです。他学年は7月に行ないます。当然、中3もその時にまた実施します。

ここでよく聞くフレーズ!?

「模試って受けて意味ありますか?」

ヾ( ゚Д゚)ノ゛ あ・り・ま・す!!

これで儲けようとかではありません。なんなら休日出勤なくらいです。

 

さてさて、模擬試験 の意味

 

1. 試験会場の空気に慣れる!

 受験とは、学校のようにまわりが友達だらけで、いつもの場所ではありません。初めての視界・空気・前後左右の人、「え?ここ時計見難い!」とか・・・いろいろ感じるものです。 スポーツの試合や習い事の発表会、初めての営業先、初めての面接などなど・・・場数を踏むほど人間は強くなれます!

 「ぐろーえる」では、受験生は年4回+α(追加で増やせます)。さらに外部模試も受けることも可能です!

さらに、三国駅前校では、模試の度に座席の向きや場所を変えたりと工夫をしています。

 

 

2. 学んだことを生かせれるか?をチェック!

 模試は、中1.中2.中3の総合問題です。 学校の定期テストは1~3ヶ月というスパンのチェックですが、模試は3年間のチェック。場合によっては小学校からの総まとめです。 範囲が広い=難しく感じるものです。 勉強したことを生かせれるか、忘れ防止も兼ねて模試は大切です!

さらに、模試は問題集にもなります。 「間違えなおし」です。 

できる問題、解ける問題をクリアしても、学力・偏差値は現状維持。 ミスした問題をクリアしてこそ学力アップ・偏差値が上がります。模試は難しい=ミス・空白が多い=それだけ学力を上げれる!ということです!!!

受ければ受けるほど、間違えなおし偏差値アップという、実は美味しいシステムなのです!

 

3. 診断

最近の模試は、どこかできて、どの単元が弱いか? いまならどの高校が視野に入るか?など、細かく診断されます。これを複数回重ねることで、志望校も見えてきますし、自分の今後の勉強に役に立ちます。 弱い=努力が必要 な単元がわかるからです。

 

地方で育った身としては、大阪ってこれだけ多くの高校から選べれるって凄いなぁ~といつも思うのと同時に、選ぶための知識や選択基準がたいへんだなぁとも思います。

 

高校入試について、何かあればいつでもご連絡ください。

 

ではでは、模試に向けて、新中3に頑張ってもらいます!!

※部活や体調不良で4/14に来ることができない生徒は、別の日で実施します。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA